社労士の資格は国家資格

国家資格といえば…弁護士、司法書士や税理士、どれも取得するのが大変なものばかり思い浮かびませんか。一方、一度資格を取得してしまえば、お墨付きをもらえたようなもので、有資格者として活躍の場も広がり、一生その仕事を続けていくことも可能です。数ある国家資格の中でも、社労士(社会労務士)の資格について、よく知らない人が多いようです。社労士について、何かと耳にする機会がありますが、どのようなことをする仕事なのでしょうか?

会社の労働・社会保険に関する諸問題を解決する

社労士の仕事は多岐にわたりますが、企業においては労働・社会保険に関する諸問題を解決してくれるスペシャリストといってよいでしょう。会社には多くの人材が所属しているので、人事について整理したり管理する業務も付随します。なかなか大変なことが多そうですね。会社内で運用する方法もありますが、社労士に外注することで、雇用や求人などを含めた人事について管轄してもらえます。また、個々の会社に合った就業規則や柔軟な働き方ができるルール作りをする上で、社労士の知識が必要とされるようです。

年金や仕事の悩みについて相談に乗る

企業だけでなく、個人として社労士の知識が必要になるときもあります。まず、年金にまつわる手続きについてよく分からないことや疑問があるとき、社労士がさまざまな相談に乗ってくれるでしょう。また、公的求人機関に社労士は協力しているので、労働に関する悩みや質問にも応じてもらえます。
企業や個人いずれにしても、法に則した適切な提案してくれる社労士は、とても頼りになる存在ですね。

渋谷の社労士は多くの企業から依頼を受けており、豊富な経験があるので優秀な人材が揃っている特徴があります。